ひだまり鍼灸整骨院|静岡市葵区瀬名中央

ひだまりだより

月別アーカイブ

筋膜のつながりから治療した五十肩の痛み。

IMG_1769

こんにちは。

先日、肩が痛くて腕が上がらない患者さんが来られました。

美容師をされている方で、痛くて腕が上がらないと仕事が出来なくて

困ると言う事でした。

 

肩が痛いのに、そこが悪いの!?

「ここが痛い」と痛みが出ている周りの筋肉を治療しても、症状は変化しませんでした。

しかし、筋膜のつながりをたどっていくと、本人には自覚のない”肘から先の腕(前腕部)の筋肉”

を治療することで症状が改善されたのです。

「え、肩が痛いのにそこなの!?痛い所じゃないの!?」

患者さんの驚きの声でした。

 

これは筋膜のつながりを見ながら治療した時の一例です。

今回はたまたま腕の筋肉が、肩の痛みを出す原因となっていたのです。

仕事でハサミを使うため、指を動かす腕の筋肉が疲労して、痛みを出していたのです。

このように、『痛みの原因が、痛みの出ている所と離れている』ことがとても多いのです。

 

レントゲン等で検査をしても異常が見られないのに、

なかなか改善しない症状がある場合には、原因がその場所にないのかもしれません。

そんな方は一度ご相談ください。お力になれるかもしれませんよ。


ページの先頭へ