ひだまり鍼灸整骨院|静岡市葵区瀬名中央

ひだまりだより

月別アーカイブ

寝違えと筋肉の関係。

寝違え

寝違えとは?

朝、眼がさめて首を動かそうとすると、強い痛みで首を動かせない事があります。

このような状態をいわゆる「寝違え」と呼びます。

不自然な姿勢で眠り続けた時に起こります。

 

通常、首に痛みが生じたり、違和感を覚えた場合には、眼がさめたり、

無意識のうちに首の姿勢を変えますが、

疲労や睡眠不足あるいは泥酔状態で眠ってしまうと、

これらの反応がなくなり、不自然な姿勢で寝続けてしまうことがあります。

睡眠時の姿勢が問題で、首の関節や筋肉にかかっていた負担が

原因の場合に生じると考えられています。

 

 寝ちがえで痛める筋肉は?

肩甲挙筋①

寝違えに関わる筋肉はいくつもあるのですが、

代表的なものに、肩甲挙筋、板上筋、広背筋、僧帽筋、半棘筋

といった筋肉などがあげられます。

上記の筋肉は肩甲挙筋です。

 

ひだまり鍼灸整骨院での治療は、

体の姿勢をていねいに検査してから、

痛みを出している筋肉を特定していきます。

寝違えでは、筋肉が緊張しすぎてしまっている状態ですので、

どの筋肉が緊張してしまっているのかがはっきりして、

硬くなった筋肉を柔らかくすれば、首は動くようになるのです。

また、体が持つ本来の正しい姿勢に戻してあげることも

治していくために必要なポイントです。

 

もしも寝違えになってしまったら

  1. 早めに治療をうけること。
  2. 首から肩の広い範囲を温めること。
  3. 首が回らない方と反対の方向へ首をストレッチすること。

 

1.早めに治療をうけること。

 寝違えで首を動かせない場合には、そのままの状態をほっておくと

 硬くなってしまう筋肉が広がることがあります。

 治るまでに時間が長くなってしまう事もあります。

 そうならないためにも、早めの治療を心がけて下さい。

 

2.首から肩の広い範囲を温めること。

 筋肉が硬くなり縮まってしまっている状態ですので、

 温めることで緊張がとけ、緩みやすくなります。

 

3.首が回らない方と反対の方向へ首をストレッチすること。

 首が回らない方向では、筋肉が硬くなっていると考えられます。

 本来の働きが出来ない状態で、伸びにくい状態で固まっています。

 したがって、ストレッチにより少しでも動かす方がいいです。

 ただし、痛みをこらえて無理に動かさないように気をつけてください。

 

 


ページの先頭へ