ひだまり鍼灸整骨院|静岡市葵区瀬名中央

ひだまりだより

月別アーカイブ

座骨神経痛が筋肉の治療で治るわけ。

座骨神経痛とは

坐骨神経①

腰から足にかけて伸びている座骨神経が色々な原因によって、

圧迫されたり刺激されてしびれや痛みが引き起こされるものとされています。

神経の元は背骨の脊髄から出発するため、ヘルニアや脊柱管狭窄症など、

腰の骨に異常がある場合に座骨神経痛になりやすいと言われています。

(青い部分が座骨神経です)

 
しかし、実際にレントゲン撮影した患者さんの統計を取ると、

腰痛のない健康な人を対象とした研究の結果、85%の人に

椎間板の変性(形や質の変化)があり、さらに76%に椎間板ヘルニアが

発見されたそうです!!

つまり椎間板の変性やヘルニアがあるからといって

必ず痛みが生じる訳ではないということです!!

そして、ヘルニアがある人の約80%は痛みを感じておらず、

実際にヘルニアが腰痛の原因になる例は、腰痛全体のわずか2~3%だそうです。

 
骨に異常が無いのに、なぜ痛むの?

そうですよね!

骨に異常が無いのに、なんで痛いかわかりませんよね。

これは、ある統計データでわかったことがあります。

実は、腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では

腰に明らかな異常が見られないのです

 
腰痛

こんな経験はありませんか?

ものすごく痛いのに、「骨に異常はありませんね、だから大丈夫ですよ。

あとは痛み止めと湿布を出しておきましょう。」

「えーー!こんなに痛いのに湿布と痛み止めだけ!?原因は何!?」

薬を出されるだけ、まだましかもしれません。

なかには、異常がないので今日は帰って安静にしていて下さい。

だけで終わってしまうなんてことも。。。

 

では、なぜ痛むのか?

坐骨神経③

(青い部分が座骨神経です)

いつもあなたが感じていた疑問がありますね。そうです。

「異常が無いと言うなら、なんでこんなに痛いの!?」

そこで、ひだまりの出番です。

体にはレントゲンには写らなくても、

様々な痛みを引き起こすものがあります。

それが、筋肉なのです。

硬くなった筋肉が、筋肉の間を通る神経や血管を圧迫するから

痛みやしびれが引き起こされるのです。

座骨神経痛も同様です。

座骨神経を硬くなった筋肉が圧迫すると、様々な症状があらわれるのです。

ひだまりでは、筋肉を治療対象とするからこそ、レントゲンには写らない

痛みやしびれを改善することが出来るのです。

 

ひだまりの筋肉治療って、どんな事をするの?

検査中 - コピー

ひだまりの治療では、体の姿勢を丁寧に診させて頂く事から始まります。

時には写真を撮影し自覚してもらうこともあります。

すると、みなさん驚かれます。

自分の体がこんなに歪んでいたのかと。

やはり日常生活では、自分のゆがみに気付く機会はほとんどありませんからね。

 

筋膜説明2

姿勢を分析し問診させて頂くことで、症状に関わる筋肉が特定されていきます。

そして、全身400個以上ある筋肉を触りわける触診力で、

深部の筋肉までを治療していきます。

どこが悪いか、なぜ悪いか、どのように治療すれば良いか?を時間をかけて

じっくりと調べていくのです。

また、ひだまりでは患者さんの体を診させていただいた結果、

なぜ悪いのかが、患者さんにわかりやすいよう、わかりやすい言葉で

丁寧に説明させて頂く事も心がけております。

 

座骨神経痛の症状は、筋肉・筋膜治療専門のひだまり鍼灸整骨院へご相談ください。

はかまだ

どこへ行ったら良いか悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

共に治していく気持ちで対応させていただきます。

 

TEL 054-294-8558

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ