ひだまり鍼灸整骨院|静岡市葵区瀬名中央

ひだまりだより

月別アーカイブ

筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせいとうつうしょうこうぐん)

こんにちは!静岡市瀬名のひだまり鍼灸整骨院です。

前回の院長のブログ、筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせい とうつうしょうこうぐん)

今までは原因不明と言われていた痛みが、実は筋筋膜性疼痛症候群であると言うこ

とが、近年の研究で分かってきたという事は、とても興味深いです。

 

ひだまりにも肩、首、腰、お尻、脚など、痛みを感じていて来院する方がたくさんいらっしゃいます。

病院でレントゲンをとって、ヘルニアと言われた、狭窄症と言われたと言って、本当に治すことをあきらめて、

毎回の注射や痛み止め、湿布で痛みを一時的に忘れるようにしているだけでは、根本的な解決にはなりません。

レントゲンでは、痛みの原因を発見することが出来ません。

ひだまりは、県内でも数少ない筋肉・筋膜の専門治療院です。

問診、検査、視診で、姿勢や動きをていねいに観察することで、原因となっている筋肉が見えてきます。

筋肉・筋膜を治療することで、体のねじれが改善し、筋肉・筋膜が緩んでいき、

結果、診断されていた痛みやしびれが改善されていく事はとても多いです。

そして、痛みやしびれが取れた後は、正しい体の使い方をするようにします。

今までの生活習慣で何がいけないのかを振り返り、変えたり、自分に不足している筋肉を知り、筋トレを

続けることが大事になってきます。

痛みは、あなたにとって注意のサインです。注意のサインを薬で消そうとせずに、

痛みと向き合い、原因を知り、治療していきましょう。

治る人は、このようにとても前向きな考えの人です。

体からの痛みは、体の使い方が悪いよ!気をつけて!と体が教えてくれているのです。

大事な体からのサインを無視せず、ひだまりで、一緒に治療していきましょう! 

ひだまりは、患者さまと真剣に向き合い、治療しています。

なんでもご相談下さい。

image1 (48)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ