ひだまり鍼灸整骨院|静岡市葵区瀬名中央

ひだまりだより

月別アーカイブ

交通事故治療。ひだまりの筋肉治療。

 

OMG151018150I9A2152_TP_V4

むち打ちとは

むち打ちは、交通事故により、首が前後に振られた結果様々な症状が現れ、

事故の翌日あたりから首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・

吐き気・食欲不振などの症状が出現することが多いようです。

また、他にも自律神経系の症状が現れることが多く、症状は数カ月にわたって

あらわれます。

むち打ちは首を痛めるケースが多いですが、首を痛めた場合でも、

むち打ちのタイプで分けると、・頚椎捻挫型=肩が重い、首の筋肉の痛み。

・自律神経障害型=肩こり、頭痛、吐き気、耳鳴り。・神経根損傷型=腕の強い痛み。

・脊髄損傷型=手足のまひ。これらの症状に分けられます。首の痛み以外にも、

様々なな症状が現われます。吐き気やめまい、頭痛の他、腕や手のしびれなどの

症状が出るケースもあります。これは、首の周囲に密集した自律神経のバランスが

崩れてしまったことが原因です。

自律神経のバランスが崩れると、首の痛みに敏感になる以外に、吐き気やめまいなど、

さまざまな症状が繰り返され、悪循環に陥ってしまうケースも多いものです。

場合によっては、神経障害(知覚障害、しびれ)。聴覚障害(耳鳴り、聴力低下)。

耳鼻咽喉科的障害(嚥下障害、発語困難)。平衡障害(回転性めまい、非回転性めまい)。

歯科領域の障害(咬合障害、顎関節痛)。神経心理学的障害(不安神経症、注意力散漫)。

このような症状が現れるケースもあります。

むち打ちは、横になって寝ていると症状が軽減し、立ち上がって脳が重力で下降すると、

症状がはっきり現れる、と言うことが多いものです。

むち打ちで難渋している人でも、精神的なものや、心気的なものと考え、

きちんとした治療を受けない人が多いものです。症状が改善されない場合、

早めに治療を受けることも大事でしょう。

 

交通事故により首に不自然な力が加わることで、

「首が痛い・首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。

首に力が加わる際に、首がS字にしなる事が、鞭を打った様な形になるため

「むちうち症」と呼ばれています。

 

交通事故では事故直後に症状が出ていなくても、時間が経過してから

徐々に症状が出てくることが良くあります。

そして、大丈夫だと軽く考えていても、ひどい場合神経や脊髄を傷つけている場合もあります。

 事故の場合はとにかくその場で判断しないことが大切です。

 

事故での症状はなぜつらいのか?

交通事故で最も多いと言われる”むち打ち”の症状は、レントゲンでは

異常が見られないことも多いのです。

それでも痛み、辛さ、不快な症状が出てくるのは、

レントゲンに写らない筋肉などの軟部組織損傷や自律神経の乱れが原因と思われます。

このような状態になると安静時でも症状が治まらず、

事故での症状がストレスになり、心身ともに不健康な状態になってしまいます。

にも関わらず、ただただ安静にしているだけ、電気を流すだけでは

痛みが取れるのはとても遅いと感じます。

 

ひだまりでの交通事故治療。

ひどい”むち打ち”になると自律神経が異常をきたし、少しの刺激でも

痛みを感じるため、普通のマッサージでは刺激が強すぎると思います。

ひだまりでは患者さんの状態に合わせた刺激を入れることで、自律神経の

調整までも考えながら施術しており、少しでも早く痛みや不快な症状を

取る事を常に考えて治療しています。

 

整骨院でも自賠責の保険が使え、治療を受けられる!?

ひだまりに限らず、整骨院でも交通事故治療が受けられる事を知っていますか?

知っている人は知っているけど、知らない人も意外に多いのです。

もしもあなたの周りで、事故の痛みがなかなか取れずに困っている人や、

治療に行っているがなかなか改善していかないと悩んでいる方がいれば

教えてあげていただけませんか?

ひだまりが全力で治していきます!!

 

 


ページの先頭へ