ひだまり鍼灸整骨院|静岡市葵区瀬名中央

ひだまりだより

月別アーカイブ

筋筋膜と歪み(ゆがみ)と痛みの関係。

人体模型①

こんにちは。

治療していると常々思う事があります。

人の体は、ほんとに凄いなー!!と。

びっくりするほど体が歪んでいても、バランスを保ちながら

上手に立っているし、動く事も出来きるのですから。

 
「良くこんな状態で、動けるな」と思う事も多々あります。

しかも本人は無意識で、体が勝手にバランスを取っているのです!

あなたも鏡を見てみるとよくわかりますよ。

ほら、左右の肩の高さが違いませんか?

顔が傾いていませんか?

このように人間の体は、良くも悪くもバランスを保ち

勝手に立つように作られているのです。

 

そして、そこに痛みを引き起こす原因があります!!

バランスを保ちながら立てると言う事は、

倒れそうな体を無理やり引き起こしたり、

倒れないように支えている所があるからなのです。

まさに、この引き起こしたり、支えたりする、”筋肉・筋膜(筋筋膜)”が

痛みと関わる可能性がある所です。

だから、今ある痛みとは別の場所に、痛みの原因となる筋筋膜が存在するのです

そして大事なのは、この原因を取り除かなければ、今ある痛みが取れないのです。

なかなか取れない症状は、この原因を取り除けていないのかもしれません。

 

今のあなたが感じる楽な姿勢は、体が頑張ってくれている偽りの姿勢かもしれませんよ。

本当に正しい姿勢でいる事が、本当に健康でいられると私は思います。

 


ページの先頭へ